中古車売却の必要書類

中古車を売却する場合、複数の書類を用意する必要があります。

必要な書類を予め揃えておけば、売却の手続きもスムーズに進みます。

ですが、初めての売却だと、どういった書類が必要なのか、分からない方も多いと思います。

まず必要なのが、車検証です。

車に乗せておく必要があり、なくした場合は再発行の必要があります。

有無を確認して見つからないようであれば、運輸支局に行きましょう。

印鑑証明と実印も、用意ておいてください。

実印の登録をおこなっていない場合は、役所で登録しておきましょう。

印鑑証明は3か月以内の物でないと、受け付け貰えません。

ただし、軽自動車の売却には、印鑑証明と実印は必要ありません。

実印の代わりに認印を持っていきましょう。

自動車の持ち主に加入が義務づけられる、自賠責保険証がない場合車の売却は行えません。

紛失したや期限切れの場合は、保険会社に再発行をお願いしましょう。

自動車税を納めた場合に受け取れる、税納税証明書も必要です。

税を納めていない場合は、不足分を支払わなければ売却できません。

なくしてしまった場合は、普通自動車は税事務所、軽は役所での再発行が必要です。

また、リサイクル料金の受託を行う場合は、リサイクル券が必要になります。

車検時に貰うものですが、なくした場合は専用のサイトから印刷することができます。

基本的に用意する必要のある書類は、これで全てです。

譲渡証明書や委任状も必要ですが、これは契約時に作成するのなので、持っていく必要はありません。

ただし、印鑑を押す必要があるので、忘れずに持っていきましょう。

書類に記載されている住所に変更があった場合は、住民票も用意しておきましょう。

写しを役所で発行できるので、忘れずに持っていきましょう。

中古車の売却をスムーズに行うためには、事前に全ての書類を用意する必要があります。

内容に不備がないかしっかりと確認したうえで、中古車の売却を行いましょう。

■こちらのサイトもおすすめです。(中古車の高い買取査定.com